薬剤師が転職する場合とは

薬剤師としてどう働きたいのかがポイントです

薬剤師が転職する場合とは

就職難の時代にあっても、薬剤師は人の数よりも仕事の方が多い状況が続いてきました。 退職しても翌日には転職先が決まるほど恵まれているので、他の職業に比べて簡単に辞める人が多いかもしれません。 スキルを磨きたいという動機が生まれたときなどに、転職を希望する薬剤師が多いようです。 転職を考えるのは、3年が一つの区切りのようです。

薬剤師が3年をめどに職場を変えようとする理由は、ほとんどの勤務先は3年以上働いていないと退職金が出ないためです。現実には、3年を迎えるまえに辞めていく薬剤師が大勢います。

終身雇用の職場に身を置いている方からすると、3年もガマンできないほど大変な仕事なのかと思うかもしれません。しかし、薬剤師の仕事は特に大変なわけではありませんので、ただ職探しがしやすい職業だから転職していくのでしょう。

サラリーマンの方の中には、簡単に次の職が見つかるのであれば、すぐにでも退職願を提出したいという方も大勢いるはずです。 労働環境が過酷だからではなく、職にあぶれる心配がないことが、転職者を多くするのです。

調剤薬局の場合、病院やクリニックの近くに建物があり、主な利用者はそこの患者さんに限定されてきます。 長く働いていると、来る患者さんはいつも同じ顔ぶれで、処方する薬も変わりばえなく、処方箋を見なくても暗記してしまうくらいマンネリになってきます。

病院やクリニックの診療科はまず変動しませんので、新しい薬を扱うこともないとスキルを磨くために、別の職場に移りたいと考えるようになるようです。 全国展開しているチェーンの薬局であれば、他の店舗に移動届けを出して、退職しないまま変わることもできるでしょう。

調剤薬局は小さなところが多いので、別の店舗などないところが大半です。 幸いなことに薬剤師という職業は求人が多いですし、他の薬剤師もどんどん転職していることから、あまり抵抗なく辞められるのでしょう。 辞めたいと言われた薬局側も、承知しているのかもしれませんね。