薬剤師転職と住宅サポートの重要性

薬剤師転職において「住宅手当」は絶対にチェックしたいポイント!

薬剤師転職と住宅サポートの重要性

薬剤師が転職する際に気になるポイントと言えば、やはり雇用条件となります。勿論薬剤師だけではなく、様々な職業で仕事への充実感以外に、お給料や福利厚生面などで転職を考える人は少なくありません。
保健師の就職率・求人状況は?

生活が掛かっている以上、納得できない職場で長く勤め上げるのは困難ですよね。自分の条件に合った転職先を見つけるために、現在転職サイトや人材紹介サービスが注目を集めています。

昔と違い最近では、インターネット環境が整ってさえいれば、求人情報を手にできますし、スマホを持っていれば更にスムーズに転職活動が行えます。ハローワークを利用した転職活動もいいですが、求人案件の数などは、求人サイトの方が圧倒的に多いです。

また、ハローワークなどでは見つけられない好条件の非公開求人も、求人サイトでは探す事が可能です。

さて、転職先としてポイントとなる雇用条件ですが、このあたりは各企業によって異なります。月給にしたらそんなに変化はないかもしれませんが、他の手当てなどで大きな差が生まれてくるようです。

薬剤師として転職先を見つけるときには、きちんと手当ての条件を把握し、判断材料にして下さい。例えば大きな企業の場合は、寮や社宅を完備しているところもありますし、寮や社宅以外にも住宅手当というサポートがある企業も珍しくありません。住宅手当を用意してある企業とそうでない企業では、待遇面で大きな差がでると言っていいでしょう。

住宅手当と一言でまとめてしまいましたが、もらえる手当ては性別によってや、世帯主であるかによっても異なります。マイホームなのかそれとも借家なのかでも異なりますね。

借家の場合は、家賃補助という形になる企業もあるようですが、マイホームの場合は住宅手当ては期待できない事が多いです。実際にはマイホームの方がサポートに期待したいところですが、なかなかそうもいきません。

とは言っても、住宅手当のある会社のケースでは、どのような形にしても何らかの形でサポートがあります。ですから転職する際には、このような住宅手当も意識するのがオススメです。

転職する際に、そんなこまごましたところまで自分でやりたくない、という薬剤師さんもいると思います。そんな人にお勧めなのも、前述した薬剤師専門の求人サイトです。

担当のコンサルタントが利用者の希望に近い求人を案内してくれますので、譲れない条件を中心に、希望条件を伝えて下さい。納得できる転職活動を行うためにも、上手に転職サイトサービスを使っていきましょう。

ホテルの薬局で薬剤師をしたい

大規模なホテルには薬局が併設されています。このようなホテルは外国人のゲストも少なくないため、薬剤師の求人も英会話のできる求人が多いです。つまりは日常会話以外にも、薬について英語で説明できる薬剤師の求人になります。

外国のゲストが薬を購入する際に、薬剤師が英語で対応できないと困ってしまいますよね。とはいえ、英語をあまり得意としない薬剤師もいますが、このようなケースでは事務方に英語に強いスタッフがいてサポートを行っています。

英語が得意な薬剤師は製薬会社にも多く存在していますが、それは英語でレポートを書いたり、学術的な文章能力を必要とされるからです。ですが、ホテルで働く薬剤師の場合は、そこまでの英語能力は必要ありません。

外国人のゲストが薬の使い方がわかるよう説明できること、またゲストに頼まれた時に英文でメモを書けること、このくらいの英語能力を求められるのみです。

英語力を活用した薬剤師の仕事としては、薬事や学術を必要とする製薬会社勤務や、外資系の製薬会社などとは異なるスキルが重要になってきます。外国人に応対する薬剤師ですから、ある意味サービス業ですよね。

臨機応変の能力が求められますが、メリットとして直接お客様とやり取りする充実感を覚えることもできます。またホテル内にある薬局という事で、一般の調剤薬局のような人の多さもありません。

一般的にホテルのスタッフは24時間体勢での勤務となりますが、薬局の場合は残業や夜勤がないのが普通です。また、このようなインターナショナルなホテルは、都心や県庁所在地を立地とするため、交通の便や買い物にも適しているかもしれません。

自分の得意なスキルを活かすこともできる業種ともいえますし、外国人とコミュニケーションを取ることの好きな人にとっては、向いている働き方だともいえます。

ホテルで働く薬剤師の報酬ですが、正社員の場合は年収で450万円から600万円程度、時給の場合は2000前後だと言われています。ですから報酬としては、多くの調剤薬局やドラッグストアと余り変化はありません。ただ得意なこと、好きなことを仕事にできるという点では、遣り甲斐を感じられるメリットがあります。

このようなホテルでの薬剤師になりたい場合は、まずは薬剤師の求人サイトに登録してみましょう。大きなホテル自体の数が多くないため、ひとりでは求人を見つける事が難しいです。

また、そもそも非公開求人という形のものが多いため、求人サイトに登録しないと求人があるかどうかさえわからないでしょう。ですからまずは薬剤師専門の求人サイトに登録し、次に担当のコンサルタントに「ホテルでの薬剤師を希望する」旨を伝えて下さい。

求人が見つかり次第、コンサルタントから連絡をもらえますし、面接の準備や、交渉などのサポートをしてもらえます。

託児所付きの求人を探す薬剤師のケースでは

薬剤師だけではありませんが、近頃ではワーキングママなど、社会で活躍する女性が多くなりました。共働きのお宅も少なくありませんが、シングルマザーで働く女性も多いです。

1年ほど産休を取った後は、職場にすぐに戻る女性も少なくなく、中には赤ちゃんを生んで3ヶ月ほど休暇をとったあとに仕事をリスタートする女性も存在すると聞きます。

このように働くママさんが増加する傍ら、現在社会問題にもなっているのが待機児童という問題です。女性がどんなに働きたいと思っても、受け入れてくれる保育所がないため働く事が叶いません。

そんな時にあると嬉しいのが、託児所つきの職場ですよね。託児所があれば、働くママさん、パパさんたちも大変助かります。勿論企業によって託児所で引き受けてくれるお子さんの年齢は異なりますが、新生児から学校に上がるまでのお子さんを預かってくれる託児所がほとんどです。

最近では上記のような託児所を持つ会社が増加しつつあり、昔と比較してもお子さんを持つ親御さんたちが勤務しやすい状況になってきています。

先ほど産休を短く取るママさんが増えてきたと書きましたが、お子さんが2,3歳になった頃に働き始めたいと思う女性も少なくありません。薬剤師として活躍していた女性であれば、再就職するときもスムーズに進める事ができます。

近頃は薬剤師が活躍するような職場でも、託児所つきの求人も多いため、託児所付きを条件にして求人を探すことも可能です。ただし託児所完備を条件とする場合は、どうしても他の希望条件が叶いにくくなってしまうでしょう。

ですが、優先順位をつけて割り切ることも重要ですし、もしかしたらすべての条件が揃った求人が見つかる可能性もゼロではありませんよね。

小さい頃から託児所に預けるなんて…と思う方もいるかもしれませんが、親御さんの元から離れたお子さんは、お子さんなりに彼らの世界で楽しみを見つけていることも事実です。託児所でお友達と遊んだり、コミュニケーションを学ぶことも重要なことでしょう。

託児所完備の職場というのは、託児所と職場の距離が近い事が大きな長所といえます。突然お子さんの具合が悪くなってしまった、といったときなどはすぐに迎えにいけますし、気になったときに様子を見に行くことも可能です。

託児所と職場につまがりがあるからこそ出来ることだと思います。働くママさんたちは、不安になることなく、薬剤師の仕事に向き合う事ができるでしょう。

さて、このような託児所付きの求人を探したい場合は、求人情報を豊富に抱えている、薬剤師専門の転職求人サイトなどを活用してみてください。薬剤師の世界に強い、プロの転職コンサルタントが、利用者の希望条件に沿った案件を探してくれます。

また転職までの、面接や交渉に関るサポートも万全ですので、効率よく転職活動が行えるでしょう。薬剤師専門の求人サイトは、ママさん薬剤師の心強い転職応援団になってくれるはずです。